だいこんのレシピ
ツナ炒め

だいこんのツナ炒め仕上がりイメージ
エネルギー食物繊維食塩相当量
106kcal1.9g2.2g

2人分の材料

  • だいこん:160g (千切りにして塩もみ)
  • ツナ缶:40g (油切りする)
  • みずな:20g (3㎝長さに切る)
  • 調味料:(ごま油:大さじ1、めんつゆ:大さじ2、塩:小さじ1/2、みりん:大さじ1、いりごま:少々)

作り方

  • だいこんはよく絞り水気を取り、フライパンにゴマ油を入れて炒める。
  • 火を止めて、調味料を入れて混ぜる。
  • みずなを入れてざっくり混ぜる。

ごまの風味がよく、お酒の肴にもなります。

だいこんの特徴

アブラナ科の根菜で、別名は春の七草の一つである「すずしろ」です。種類は青首だいこんが全国的に作られていますが、その他に重さ 10 ~15㎏もある世界最大の桜島だいこん、長さ 1.2 ~ 1.5 mと世界最長の守口だいこんなどもあります。だいこんの葉の近くが一番甘く、だいこんの先端は辛くなっていきます。辛み成分は、からしやわさびの辛み成分と同じ「イソチオシアネート類」です。この辛み成分に殺菌作用や防臭効果があります。

栄養成分

だいこんは、ビタミンCに富み、でんぷん分解酵素のアミラーゼを含んでいます。生で食べると、より効果が期待できます。葉の部分は、ビタミンAやビタミンCが多いので、炒め物や漬物に使用すると最適です。

100gあたりの栄養価

エネルギー18kcal
炭水化物4.1g
カリウム230㎎
カルシウム24㎎
0.2㎎
β-カロテン0
ビタミンB10.02㎎
ビタミンC12㎎
食物繊維1.4g

だいこんのレシピ

レシピ一覧に戻る