西洋かぼちゃのレシピ
含め煮

西洋かぼちゃの含め煮仕上がりイメージ
エネルギー食物繊維食塩相当量
99kcal3.4g1.3g

2人分の材料

  • かぼちゃ:180g (くし型に切り、面取りをする)
  • さやいんげん:20g (ヘタと筋を取る)
  • 砂糖:小さじ1.5
  • しょうゆ:大さじ1
  • だし汁:150cc

作り方

  • かぼちゃはくし型に切り面取りをする。
  • いんげんは塩茹でして、ななめに切る。
  • 鍋にだし汁を入れ、調味料、かぼちゃを入れて軟らかく煮含める。
  • 盛り付けにさやいんげんを飾る。

かぼちゃは煮くずれしやすいので、強火では煮ないようにします。かぼちゃは皮を取り除き、適当な形に切り分け、弱火で煮含めると軟らかくなります。「舌で潰せる軟らか食」になり、介護食としてもお勧めです。

西洋かぼちゃの特徴

ウリ科に属する果菜です。関西ではなんきん(南京)、関東ではとうなす(唐茄子)、西日本ではぼうぶら(ポルトガル語に由来)とも言います。かぼちゃにはいろいろな種類がありますが、日本種には黒皮かぼちゃなどがあり、果実に接する部分に五角の座があるのが特徴です。西洋かぼちゃはくりかぼちゃが一般的に出回っています。その他ズッキーニ、金糸瓜(そうめんかぼちゃ)もあります。

栄養成分

主成分は炭水化物で糖分の 1/3はショ糖です。また代表的な緑黄色野菜で、栄養的にも優れています。夏野菜として得がたいビタミンA(カロテン)の給源であり、ビタミンB群を多く含んでいます。西洋かぼちゃはタビミンCも豊富です。日本かぼちゃは、西洋かぼちゃに比べ水分が多い分、エネルギーが半分程度です。水溶性と不溶性の食物繊維が多く、便秘の予防や改善に役立ちます。

100gあたりの栄養価

エネルギー91kcal
炭水化物20.6g
カリウム450㎎
カルシウム15㎎
0.5㎎
β-カロテン4000μg
ビタミンB10.07㎎
ビタミンC43㎎
食物繊維3.5g

西洋かぼちゃのレシピ

レシピ一覧に戻る